読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいたんたんたん

野菜のことと雑記のアソートでございます

思っているよりも人の目を気にするタイプだった。

ブログを書きたい気持ちはあるけれど「実のあることを書こう」と書く前からめちゃくちゃハードルあげるものだから、実行せずにやめていた。書くのはすごく好きなんだけども。

 

実際にブログ書けなかったなーと悔しい気持ちになったときはノートに書きなぐって気持ちをぶつけている。では、なんで紙には書けるのにブログは書けないのだろうか?

 

そこには「人の目があるかないか」の大きな違いがあることに気付いた。

 

ノートに書いているものは基本的に誰にもみられない。面白いことを頑張って書く必要もない。歯に衣を着せずに書くのは楽しい。それに評価されないからすげー気が楽だ。

 

一方ブログは他人の目に触れる可能性が大いにある。

そうなるとどうしても力んでしまう。つまらなwって思われたくないからだ。そして書けなくなる。

 

ここまで書いて悟ったのだが思っていたよりも自分はめちゃくちゃ人目を気にするタイプだった。ブログ以外でも思い当たることはいくつもある。言葉遣いとか立ち振る舞いとか本当に色々。

 

だからとにかく内容がなくてもまずは書くことをやめないことにした。文章が下手でも気にせず綴ることにした。そもそも書かないとうまくはならないし、スムーズに気持ちを表現できるようにもならない。

 

気にするあまり好きなことができない、うまくならないって勿体無いことだ。